FC2ブログ
すまいる日和
それは母からの電話で始まった
7月のある日父からメールが。
母が痔の手術をして欲しいとちょっと離れたエリア(実家から車で約1時間半)の病院に行った。
心配性な母は「癌だったらどうしよう」と騒ぎながら病院に行ったとのこと。
また心配し過ぎて~と思っていた私。

しかしその後母から電話が
「どうしよう?お母さん直腸がんかもしれないって。」
母の声は涙声で動揺しているのがありありと伝わる。
この連絡には私も動揺してしまった。

母は最初の話で動揺してしまい、もう先生からの話が聞ける状態ではなかったので、
父に連絡して父がすぐに病院に向かった。
そして先生に話を聞いた。
肛門科の先生が検査すると内視鏡で腫瘍らしきものが見えるとのこと。
きちんと検査しないと確定できないが、おそらく癌だろうとのこと。
とにかくこれ以上はその病院では対応できないので紹介状を書くから他の病院へと言われたそう。

こうなってくるとどこの病院に行くのか、が大きなポイントになってしまう。
先生は特定のどこに行きなさいとは言ってくれない。
それは病院を決めた責任は取れないからだろう。
ただ近くの筑波大付属病院か懇意にされている先生のいる東大付属病院あたりの名前は先生が言ってくれた。

両親は父の姉(つまりは私の叔母)に相談に行った。
叔母夫婦もまた癌患者だからだ。
叔母夫婦は自分たちも通っているがん研有明病院を勧めてくれた。

その3か所ですごく迷った。
母が一人で通うことを考えれば少しでも近い筑波の病院が良いかとも思った。
地元の病院との連携もありそうだし。
でも筑波って意外と実家からは通いにくいから、乗り換えもあってっていうならいっそ都内の病院でも通う手間は瓦愛かもしれない。
専門性が高そうな癌研有明病院のほうが良いかもしれない。
最終的には病院は母に決めて欲しかった。
何かあった時「あんたがこの病院にしろって勧めたから!」とキレられそうだから。
(私の母はそういうところのある人だ)

そして、結果、母はがん研有明病院に通うことに決めた。
これは2~3日の間の事だが、ちょうど連絡を貰った日、
私は7月28日が初めての結婚記念日だからと京都に旅行に行こうと計画をしており、そのキャンセルぎりぎりの日だった。
この週の初め、オットがぎっくり腰になってしまい、キャンセルするかどうか検討していたのだ。
この話を受けて紙婚式記念旅行はキャンセルを決めた。


にほんブログ村 病気ブログ 直腸がんへ
にほんブログ村
スポンサーサイト



自己紹介
とりあえず自己紹介でもしてみようと思います。

私(みず)と夫(オット)の二人暮らし
私36歳、オット37歳。
昨年結婚。
まだ子供ナシ。
私、現在専業主婦(でもちょこっとだけバイトしてます)。
オットは勤め人。

趣味:読書(主にマンガですが)・手芸(浅く広く、下手の横好き)・写真

♪昨年結婚してからの色々
H23年7月 挙式
    8月 入籍
    9月 退職(みず)
       新婚旅行
    10月 転居
H24年5月 妊娠発覚
       流産(これを機に任活について考えるように)
    7月 私の母の大腸がん発覚
    8月 母の病院受診付添しまくりの日々

こんな感じであっという間に結婚からの1年が過ぎていきました。
これまでの事も、これからの事も色々書いていければと思います。
宜しくお願いいたします。

にほんブログ村 主婦日記ブログへ
にほんブログ村
はじめまして
昨年、結婚して地元からオットの地元に引っ越してきました。
何の特徴もない平凡な生活だなぁと思って毎日を過ごしてきましたが、
そんな中でも意外と色々あるなぁと思うようになって。
そして色々あった時に、他の方のブログに助けられることなんかもあったりして。
そういうのを通して、私もブログを書いてみようかなぁと思うようになりました。
ゆる~くのんびり書いていこうと思います。
宜しくお願い致します。

にほんブログ村 主婦日記ブログへ
にほんブログ村